逃源郷

世界は闇なのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

失われた青春・其の弐

  4月29日(日)、晴れ、PM10:45
 みどりの日ということで、かなり晴れた今日。そして、今日は、あんま?というか二時間半くらいしか(勉強を)やってない。あんまヤル気が(無く)。少し、つまった。そういう時は、やらないに限る!
 そして、きのうは理由なき?(反抗)を見る。画面小さっ!!で今日も9時に起床。早速ごはんできるまで、そうじして、ふとんほして。ごはん多めに食って、いいとも見たり。今日の朝は少し長く感じた。で、12時過ぎに出発。風は良好。今日は、新屋方面を通った。で、人少しいて、(席を)独占できなかったし。(周りの人の)音楽うるさかったりしたけど。けっこう生物は相変わらず良好。でも世界史ヤバイぜったいに。でも、やり続けなきゃ。で、あまりにも行きづまったので、3:30頃やめる。しかし、サンクスの五十嵐君にはビックリ!!なんか変な…と思ってたけど。すごいぐうぜん!!で、橋渡って、時間あったので勝平へ散歩。初めてだったので。しかし、大町の雰囲気がいなめなかった。写真もとった。あーいう、突拍子のない所でとっていこうと思う。また、行こう!!道せまかったけど。で、帰る。五時頃到着。メガで、うどん買って、スプレー、ノート買って。食って、笑点、まる子見て、ねる。日曜のパターン!そんなんで、勉(強)しなかったけど、NHKのおかげで、スケール、宇宙の壮大さを分かった。やはり、地学に興味あり!!


aa.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/04/29(金) 23:27:53|
  2. 失われた青春|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ペットの猫、その名は”さる”?

自分は猫を飼っている。一匹のメス猫だ。一人暮らしのアパートに住んでいるにもかかわらず。これ、こっそり飼っている訳ではなく、大家さんと不動産屋とも壁や床の修理費は実費で出すという条件付で認められているのだ。
小さいときから、猫や犬が大好きだった。ただ、自分はアトピー持ちでしかも家は転勤家族で小学校五年生までずっとアパート暮らしだったので、動物なんて飼ってもらえなかった。やっと、一軒家をかまえたと思ったら、今度は親に反対されて、いやそんなに強く親に主張した記憶はないが、やはり飼ってもらえなかった覚えがある。いや、実を言うと自分は野良猫や飼い犬に、登下校の時間にえさをあげるのが好きだったのだ。秋田のアパートに住んでいるときなんか、近くの民家を住家としているたくさんの野良猫たちに毎日えさを上げたり、はたまたアパート、自分は三階に住んでいたのだが、アパートの部屋の窓から舌を鳴らすと猫が大勢アパートの自分の部屋の下に集まってくるのだった。それぐらいなつかれていた。なんか、自分がたくさんの猫を操る主のようで、子供心に不思議な優越感に浸っていたっけ…。
とまあ、猫好きだった自分がそして大学に入り、やはりそこにも野良猫がたくさんいた。そして自分は映画サークルに入り、その部室があるサークル会館と呼ばれる建物があるのだが、そこで”さる”と出会った…。
確か自分が大学一年の時に、そのサークル会館を住家としている一匹の三毛猫(今では部員のみんなから”ミケ”と呼ばれている)がいたのだが、このミケがその年の五月にサークルの部室の前で子供を産んだのだ。その中の一匹が、そう今自分が飼っている”さる”なのだ。そしてその子猫たちのかわいらしさに惹かれ、当時の部室に行く目的はこの子猫たちに会いに行くためというほど、毎日サークル会館に、それこそ日中夜通い続けえさや牛乳をあげに行ったものだった。そうこうするうちに、一匹、また一匹と子猫はいなくなり結局最後に残った子猫は二匹になり、サークル会館付近に生息する猫は三匹となったのだった。やはり、自分はこの三匹にえさをやり続け、いつしかこれが毎日の日課になっていった。このとき自分は、ひょっとしたら大学四年間はサークル会館にいき猫に餌をやり続けてそれで終わるのかなあ、といった漠然とした不安にかられていた。そのときは、猫に餌をやること以外何もやってなかったんだな…。
そうこうしている内に、子猫共は親のミケと同等の体になるくらいに成長していった。もちろんさるも。そして、その年の10月に…。→続きへ
  1. 2005/04/29(金) 23:01:00|
  2. さる(メス)について|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

さよなら、さよならハリウッド

「アニーホール」「世界中がアイラヴユー」のウディ・アレン監督の最新作。
実際、頭使って思考をめぐらすような映画だと思っていたら、そんなことはなかった。単純明快なラヴコメディだった。初ウディ・アレンだったけど、彼の機知にとんだ笑いはなかなかのものだった。
内容的には、まず前半は言葉で多くを説明しすぎだなーって思った。ウディの過去の経歴や妻とウディの関係など。中盤がメインだから仕方ないのかな。そして、その中盤の映画撮影部分は、目の見えなくなったウディが次にどんなことをしでかしてくれるのかといった楽しみとともに、笑いも沸き起こる。ただ、その撮影シーンを見て思ったのは、やっぱりアマチュアのそれと違って人の数が圧倒的に多いってこと。カメラも監督は回していなかったし。パンフにも書いていたけど、ハリウッド映画の撮影は、監督なんて名ばかりで実際の現場を取り仕切るのは経営側のオーナーたちだとか。それに比べれば、アマチュア映画もしくは最近観た「サイドウェイ」他インディペンデント映画と呼ばれているものは、美術も証明も撮影もすべて監督のこだわりに基づいて撮影されると言うし。ウディが脱ハリウッドをもくろんでいる(?)のもうなづける。それと、役者に関して言えば皆初見の俳優ばかりだったけど、それぞれがそれぞれの役にはまりきっていて、違和感なく観れた。特にウディの元妻のキャリアウーマンっぷりが見事だった。それにしても元妻は何故あんなにもウディが映画を監督すべきだと、押しまくっていたのだろう?いくら才能があるからって、その後に起こるいざこざは目に見えていたであろうに。それと最後いとも簡単によりを戻したのは、ハリウッド式を感じてしまったが、それもまた彼なりの皮肉?と、何ともウディの頭のよさに感服してしまった。
とりあえず、アカデミーとった「アニーホール」を。これ、高校のときに観てあまりにわけが分からなかったので、途中で観るのをやめた記憶があるが、今観たら多少は理解できるかな?


20050429000310.jpg

  1. 2005/04/29(金) 00:03:35|
  2. 映画(劇場にて)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

人非人

03 | 2005/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

天気予報

お気に入りバナー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。