逃源郷

世界は闇なのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

溶解人間

排除するとか、されるとか。
疎外するとか、されるとか。

権力とか、見栄とか。
欲望とか、羨望とか。

内とか、外とか。
外とか、内とか。

利用したり、優越感に溺れたり。

あなたと、わたし。
わたしと、あなた。

すべて、まるく、ゆるやかに、とけあって、しまえ。


youkai.jpg


スポンサーサイト
  1. 2005/11/09(水) 18:42:42|
  2. 戯言(たわごと)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

後、想い

後悔ばかりが先に立って、
あの時ああすれば良かっただとか、
あの日ああしとけば良かっただとか、
そういう元には戻せない時間と行為に対して、
後悔ばかりが先に立ちます。

相手の発したサインを見過ごさないとか、
そのサインに応えてあげるだとか、
そのサインに気付いてあげられなかったとか、
今考えると、
どうしてあの時正しい行動をとれなかったのだろうかと、
後悔ばかりが先に立ちます。

自分よりも他人に目をかけて、
例え自分を完全に押し殺すことが出来たとしても、
結局はどうしても自分を欲したくなる、
そんな自分の姿が目に浮かぶだけです。

その行為には理由がある。
その行為にはそれなりの想いがある。
どうしてそんな当たり前なことが分からずに、
自分だけを必死で追い続けていたのでしょうかと、
後悔ばかりが先に立ちます。
(10/9 ミクシィ日記より抜粋)


atoomoi.jpg


  1. 2005/11/09(水) 02:08:42|
  2. 戯言(たわごと)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

『ヒトラー?最後の12日間?』

8月下旬、京成ローザにてサークルの後輩と一緒に観に行った作品。
初日だったせいか、客席はほぼ満席で、前の方に座らざるをえなかったのが残念だった。こういう難しい映画は、後ろの方で客が少ない時にゆったりと思考をこらして観るのがいいと思った。
20051109003526.jpg作品は、敗戦直前のヒトラーの行動にスポットを当てているが、正直この映画はヒトラーとその周りの人物たちによる群像劇だ。次から次に様々な人物が登場するので、人間関係を把握するのに一苦労で、肝心の物語にいまいち感情移入できないのが残念だった。また、銃撃シーン等の戦争描写もリアルに作られていて、『プライベートライアン』を思わせるシーンもいくつかあった。

20051109003540.jpgドイツの犯したナチスによる戦争責任について真っ向から取り扱ったで、賛否両論が巻き起こっているようだが、過去の罪と向き合い反省を積むことは必ずしも悪いことではないと思う。日本だって戦争時に、中国や東南アジアで非人道的な行為を繰り広げた事実があるのも確かなことだ。戦争の被害者であるとともに、加害者でもあったわけだ。こういった事実を知らない日本に住む人たちは、少なからず多くいると思う。正の裏には必ず、負の面がある。それは人間とて同じ。そういったことを改めて確認させられる映画だった。


20051109003514.jpg


  1. 2005/11/09(水) 00:30:39|
  2. 映画(劇場にて)|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:7

人非人

10 | 2005/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

天気予報

お気に入りバナー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。