逃源郷

世界は闇なのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『BROKEN SOCIAL SCENE』

総勢10数名による、音のアンサンブル!
メンバーに、メンバーか誰かの赤ん坊も含まれているのが面白い。

特にM2!
上昇してゆく高揚感が、たまらなく良い!

なんというか、夜布団に入ってじっくり聴くというよりも、雑踏の中で混沌としたビル街のど真ん中で聴き切らしたい。
そう、タワレコの騒々しい中で、大音量で流して聴くのが良い。
だから、このCD持ってるのに、タワレコ行ったら絶対試聴する。

あと、目覚めにいいかも。

最近、日本版が出た。

20060123005004.jpg


スポンサーサイト
  1. 2006/01/23(月) 00:48:34|
  2. 音楽(に関するあれやこれ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ことば探し

最近、というかここ1,2ヶ月の間、
自分の言葉をどこかに置き忘れてきたような気がしてならない。
自分の言葉を探しあぐねるということは、この不確かで曖昧で揺らぐ自分という存在に、少しの、いやほんの少しではあるのだけれど輪郭を与えることが出来る行為だと、そう確信している。
日々、この固体の中から沸き起こる考えや想いを明確な形にせずに、体のどこかに置き去りのままにしておくと、一体自分が誰なのか、そうして一体今自分はどこにいるのかが分からなくなってしまう。


ただ、生きればいい、
と、思う時がある。
目的意識を持つこともせずに、
自己実現を叶えようとすることもせずに、
自分以外の世界=他者との関わりも持たずに、
ただ静かに、そっと、そこにいる、
ただの固体。


人間らしさとは何ぞや。
泣き、笑い、喜び、怒り。
慈しみ、尊厳、友愛、愛情。
体の中から沸き起こる、暖かな気持ち。
全てを赦せるような、そんな気持ち。
自分の身近にいる人間を赦すことができない限り、
本当に他人を好きになることなんて、絶対に出来やしない。
あいすることをしって、あいをしる。
あいはさずかるものではなくて、みずからあたえるものだ。


世界や周りの風景が、
そうして醜く、残酷で、畏怖のものとして見えるのはきっと、
そうしてそれは、今の自分を、今ここにいる自分を、赦し、肯定することが出来ていないからだ。
自己を肯定しないことはきっと、必ず他人を拒絶することにも繋がる。


kotoba.jpg


  1. 2006/01/23(月) 00:17:12|
  2. 戯言(たわごと)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

人非人

12 | 2006/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

天気予報

お気に入りバナー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。