逃源郷

世界は闇なのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『アメリカ、家族のいる風景』

『パリ、テキサス』の監督ヴィム・ベンダースと脚本サム・シェパードが20年ぶりにコンビを組んだ最新作。

前作『パリ、テキサス』がとても良かっただけに、あまり期待しないで観ようと思っていたが、案の定蓋を開けてみたら予想通り面白くなかった。

テーマや設定は前回とほぼ同じ。落ちぶれたやさぐれ中年おじさんが、長い間置き去りにしていた家族との関係性を取り戻そうとする話。

まず何より、主人公のおじさんにまったく魅力がない。前回の最大の良さは、無口で不器用なおじさんが最後の最後で心情吐露をして、男の美学を残して家族の元を去って行くといったところにあったのだが、今回はそういう男の美学というか”粋”というものを感じさせてくれない。主人公は最初から最後まで逃げ腰なままで終わってしまっていて、駄目な中にある茶目っ気というものが感じられない。それに、酒と女性に夢中なやさぐれ中年おっさんを演じているという点では、明らかに『ロストイントランスレーション』のビル・マーレイの魅力には劣っている。やはりそういうキャラには、駄目なんだけど仕方なくどこか許せてしまうといった魅力が欲しい。

それと前回の映画の最大の良さは、多くを語らないところにあったのに、今回は逆に多くを語りすぎている。演出も過剰で、そうハリウッド映画のようで仕方がない。
監督はヨーロッパ出身のアメリカ大好き人間のようだ。そのせいか、どうもアメリカ描写が浮ついていて地についていない印象を受けた。広大な砂漠、カウボーイ、ドラッグ、ロック、場末のバー……、どの点をとってもこの前観た『マンダレイ』とは打って変わって、表面的な良い部分しか扱っていない。時折画面に映る、アメリカ国旗が風にはためいている画も、正直あざといなあという印象を受けた。

またこの映画には、主人公とは逆に芯の通ったしっかりとした女性が3人、母・妻・娘と登場する。ある映画評に、”男性は女性に支えてもらわないと生きていけない”と書いていたが、女性って果たしてそんなに都合のいい存在なのだろうか。自分は、男性は身勝手でわがままで甘えん坊、女性は気丈でしっかりしているという、性によってそういった線引きをするのはあまり好きではないし、女性だってわがままを言ったり、他人に甘えたくなるときだってあるはずだ。自分は身体的に男性の形態をしているので、女性の立場にたって物事を考えることが出来ないのが残念だが(いや、自分以外の人間の立場を考えるのに、性別は関係ないのかもしれないが)。

人間(特に男性)は、いずれ母親という母体のもとへ帰って(還って)いくという。自分独りでは何も出来ずどうしようもなくなった時に、最後の助け綱として母親の元へ帰って(還って)いくようなことだけは、できるだけさけたいな、と思った。


20060330000800.jpg


スポンサーサイト
  1. 2006/03/30(木) 00:05:33|
  2. 映画(劇場にて)|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

人非人

02 | 2006/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

天気予報

お気に入りバナー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。