逃源郷

世界は闇なのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

涙のような、雨のような(JR福知山線列車脱線事故現場にて)

今日、今回の旅の目的のひとつである、尼崎市で起こったJR列車脱線事故の現場へ行ってきました。

広島平和記念公園を訪れるついでではありますが、今年一番大きいであろうあの事故現場を、

ニュースやTVや新聞で見聞きするだけでなく、
この生の体で、直接感じたかったのです。

尼崎駅の窓口にいる駅員さんに、献花台の場所を伺いました。
「脱線…」と自分が口にすると、急に悲痛な顔持ちになって、後ろに用意してあった地図を差し出してくれました。
ありがとうございます、と言われました。
一番大変でつらいのは、JR西日本の駅員さんかもしれません。

献花台へ歩いて向かう途中、なぜだか分からないけれど、とても緊張しました。
何かとてつもない大きなものに向かって、自分が突き進んでいるような気がしたのです。

献花台には、尼崎駅から歩いて20分ほどで到着しました。

献花台には、JRの社員さんとお巡りさんが何人かおりました。
献花台に訪れる人、一人一人に向かって無言で、深く深くお辞儀をしていました。
献花台には、自分以外にも次から次へと、
少しずつではありますが、
花束を持って訪れる人を多く目にしました。
また、献花台にはたくさんの花束と、
そして折り鶴が手向けられていました。

自分は現場をこの携帯のカメラにおさめようと思いましたが、結局最後までそのシャッターを切ることができませんでした。
シャッターを切ることに、何か申し訳なさがわいてきたのです。

現場のマンションの壁は、事故の痕なのでしょうか、無惨にもはがれ落ち、くずれた形跡がありました。
現場のマンションは、とても人が住んでいるとは思えないような(いや、実際に住んでいる人はいるのでしょうか)、
妙に静まり返った、
新築のはずなのに、ひどく傷を負った無人の廃墟のように感じられました。

そうです。
この場所で、多くの人が血を流し、
そうして死んでいったのです。

献花台は、静まり返っていましたが、近くから聞こえる工事現場のガターンガターンという音が、
どこか虚しく響いているだけでした。


事故直前、列車のオーバーラップが
あったという伊丹駅ホーム。
この駅を尼崎方面に出発した直後に、
事故は起こったのでした。
itami.jpg



福知山線の列車は、事故現場を通り過ぎる直前に、ゆっくりとしかしはっきりと体で感じることができるくらいに、
スピードを落としていきます。
それはまるで、
電車という固体が意志を持って、
犠牲者に対して哀悼の意を表しているようでした。

本当に列車は、急に現場近くになるとスピードを落とします。
あれ?と思うくらい、はっきりと。
同じく先頭車両に乗っていた人の中からは、
「あれかあ‥」
と、声を漏らす人がいました。
電車の窓からは、はっきりと献花台が見えます。

尼崎駅への帰り道、
白い車から若い日焼けした男の人が降りてきて、
「あの、JRの事故‥‥、献花台の場所ってこの辺ですか?」
と、自分に尋ねてきました。
自分は、すぐそこです、と案内しました。
助手席には、若い女性が乗っていました。
献花台の場所を知らないと見ると、おそらく事故の直接の関係者ではないように思えました。

そういう、ことなのかもしれません。

その帰り道、雨がぽつぽつと降ってきました。
それは、
雨のような、
涙のような、
何だかよく分からないけど、
献花台のもらった地図を、濡らしました。


この事実に対して自分が為した行為には、
果たして意味などあるのでしょうか。

ただ、事件を生で感じたかった。
ただ、それだけなのです。

でも、

自分には分かったことなど一つもありません。
それは、事故に直接関わった人だけが知り得ることなのでしょう。
それがどうしても悔しくて、
悔しくて、
あてもなく事故現場を通り過ぎる列車に、
何度となく乗ったのでした。

尼崎駅ホーム
ama.jpg


尼崎駅、外から
ama2.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/08/15(月) 00:20:43|
  2. 政治・社会・思索(考)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<旅の跡、つれづれ | ホーム | 旅の跡>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tougen.blog8.fc2.com/tb.php/117-2b9b2e26

人非人

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

天気予報

お気に入りバナー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。