逃源郷

世界は闇なのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

人間の信条

人間は、生きる糧や、目的、目標が存在しないともろくも崩れ去ってしまう。
それには、欲求というものもからんでくる。
例えば、どうしても欲しい鞄があるが、買えるお金がないとする。
そして、その鞄を手に入れるという目的のために、お金を稼ぐという行動が実践される。
生きる糧とは、例えば恋人の存在や、家族であったりするかもしれない。
目標に向かっている過程と実践は、人間を活力化させる。

しかし、そうした生きる糧というものが存在しない、もしくは見つからない場合は一体どうすればいいのだろう。

全ては、自己責任の問題として片付けられている。

目的と行為が実践されている人間のみが損を得、それが存在しない人間は淘汰され、やがて弱者へと転落していく。
自助努力のみが重視され、社会の活性化のためには能力ある人間のみが必要とされる。
新自由主義的傾向。

例えば一昔前、といっても50年以上前ではあるが、
戦争という時代、
それには必ず、”敵”というものが存在し、
それに対立する自分たちの行為や規範が絶対に正しいとされていた。
確固とした正義の存在は、人間に行為の道しるべを示し、迷いや困惑というものをもたらさない。
しかし、今、
個人の価値観は乱雑化し、確固とした倫理規範というものも曖昧になってきている。(何故、人を殺してはいけないのかという疑問すら生じるくらいに)
個人は頼れる規範を失い、個人の生き方は全て自助努力に委ねられ、自己責任の問題で片付けられる。
新自由主義的傾向。

それに相対立するであろう、社会民主主義の存在。
その可能性を、信じたい。


sinnjyou.jpg


スポンサーサイト
  1. 2005/11/24(木) 02:29:06|
  2. 戯言(たわごと)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<そして、ひと粒のひかり | ホーム | 苦言>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tougen.blog8.fc2.com/tb.php/144-4f314d4f

人非人

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

天気予報

お気に入りバナー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。