逃源郷

世界は闇なのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『罪と罰/白夜のラスコーリニコフ』

20051218003629.jpg


「過去のない男」の、アキ・カウリスマキ監督長編デビュー作。

何かこう、殺人を犯した主人公の、法と道徳への葛藤を描いているものかと思いきや、そんなことはなく、
いたって普通、と言ったら語弊があるが、汎用なサスペンス映画だった。

ただ、オープニングの豚肉(?)精製場のシーンはすごく良かった!
何かこう、いかにも貧しい労働者というか、そういう北国の退廃的な空気がもろに感じられた。
バックに流れている音楽も、主人公の心の叫びのように耳に聞えた。

あと、主人公のはげっぷり!
なぜ、あの女性は主人公を好きになったのか、とても謎だ。

原作は、ロシア作家ドストエフスキーの「罪と罰」。

スポンサーサイト
  1. 2005/12/18(日) 00:34:50|
  2. 映画(自宅にて)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<撮れたてさる情報 | ホーム | 原風景は秋田の雪景色かもしれない>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tougen.blog8.fc2.com/tb.php/165-5d402db7

人非人

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

天気予報

お気に入りバナー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。