逃源郷

世界は闇なのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『単騎、千里を走る。』

20060208225125.jpg


大いなる偉大な退屈な映画。

『あの子を探して』はめちゃめちゃ良かったのにな?。
なのに!
なのに!
なのに!

高倉健はやっぱり高倉健で、やっぱりかっこよかった。
前半は説明冗長な会話だけが続いてとてもとても退屈だった。
後半の、笛とデジカメの光を使って行方をつかんでもらうシーンは良かった。
それにしても、男の子と高倉健の心を通わす方法、男の子がうんちするのを高倉健が横で見ていじわるする以外になんかなかったのかえ。
あの絶壁に行ってみたい。

関係が疎遠な親子の、その溝を埋める話っていうのは前にも何個か観た事があるけれど、その点では『セントラルステーション』の方が数1000倍良い。

それにしても仮面劇というのに、惹かれる。
この前観た『さらばわが愛 覇王別姫』でもあったけど、京劇っていうのにも惹かれる。
シンバルのバーンって音と、チャンチャンチャンっていう三味線?の音に合わせて剣を振りかざすっていう。
あの無機質な仮面もなかなかいけている。

あと、日本での雪国シーンは秋田の男鹿半島でロケが行われたようだ。
あの日本海の荒?い海と水しぶき!
日本海の海辺にたたずむ高倉健ってすごく絵になるなあ。

これからこの映画の損失を埋めるために、『ジェリー』を観てみよう。


スポンサーサイト
  1. 2006/02/08(水) 22:49:59|
  2. 映画(劇場にて)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<『GERRY』 | ホーム | 悪魔の喉笛>>

コメント

シネマウ◎トの●ば○くんだよね。
ちょくちょく観るわ。
りんくしよっか?
  1. 2006/02/08(水) 23:13:14 |
  2. URL |
  3. 梵悟今雅@Tミウラ #-
  4. [ 編集]

>梵悟今雅@Tミウラ さん
そうですわたしはシネマウ◎トの●ば○です。
そういうあなたはジ◎ズ研&個人◎義の●ミウ○さんですね!
りんくりんく!しましょうしましょう!
ちなみにそのハンドルネーム、なんて読むんですか?
  1. 2006/02/08(水) 23:38:43 |
  2. URL |
  3. 人非人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tougen.blog8.fc2.com/tb.php/203-66b5af3a

人非人

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

天気予報

お気に入りバナー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。