逃源郷

世界は闇なのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

スイートヒアアフター

97年度カンヌグランプリ賞を受賞した、カナダの女流監督アトム・エゴヤン監督作品。
ファーゴを髣髴とさせる冬の寒々しい雪の空気感。それが、町に住む人間の闇と悲痛を表現するのにうまく機能している。
人々は笑わない。ただ、沈んだ表情をしている。灰色の空と冷たい雪。北国では自殺をする人が多いと言うが、そういうことなのだろう。
共同体主義への警鐘のようにも見える。村には村独自のしきたりがあり、それを守り真実が隠蔽されながらも、人々は表面的に平穏な日々を過ごしている。近親相姦、不倫、うわさ、薬…など。村の人々は周りの闇の部分を知っていながらも、それにきづかないふりをして、平穏であるかのようにみえる日常を生きている。事故の真実を暴こうとする者と隠そうとする者。真実は闇の中。痛みに真剣に向き合った者と、それから目を背けた者。事故の真実が暴かれると同時に、自分たちの真実が暴かれるのを恐れた人間のエゴの物語であるようにも思える。真実と向き合うことを決めた主人公のその後と、真実から目を背けた町の人たちのその後の幸せ=スイートヒアアフター。


20050505005906.gif

スポンサーサイト
  1. 2005/05/05(木) 00:59:38|
  2. 映画(自宅にて)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

人非人

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

天気予報

お気に入りバナー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。