逃源郷

世界は闇なのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『マンダレイ』

20060317004833.jpg



『ダンサーインザダーク』のラース・フォントリアー監督最新作。

前作の『ドックヴィル』同様、極めて政治的な映画。
人間同士の愛情、などといった人間の心の機微を描く部分は一切登場せず、
権力関係だとか、、正義の遂行などという、集団間の力の構図が描かれている。
だから、というわけではないけれど、
観ていて胸くそ悪くなってしまう。
こういう問題は、現実の中だけで十分なもので、映画の中にまで観せられてもたまったもんじゃない。

今回の主人公グレースは、奴隷制度がいまだにはびこる村の人々に対して、民主主義を教え込もうと正義感に燃えている。
そんなグレースの行動を見て、正義を遂行しようとする者は、いついかなる時でも中立的でなければならず、
そして目的を遂行するためには手段を選ばないとする、ある種冷徹な部分がなければいけないのだな、と思った。
また禁欲的で、常に周りにとって善いことは何かを考え、自己利益に走るようなことはしてはならない。
この辺り、グレースは完全なまでに任務を遂行し、後半村にちょっとした平和が訪れようとするが、
そのせいで気が緩んだのか、異性に対する強い性欲が発生し、自己欲と正義心の狭間で揺れ動くグレースの姿は妙にリアリティがあった。
グレースの不完全さが見事に浮き彫りにされていた。
また、お遊戯のように民主主義を教育する場面は、
監督の民主主義に対する皮肉めいた批判が感じられた。


前作同様、村人は愚民ばかりだ。
表面上は”善い人間”を装っているけど、
裏をはがせば、人間悪に満ち満ちているという。
自分の立場が危うくなったら、いかなる権力にもすがりつき、自己保身に走るという愚民。
裏切りは当たり前。
自分の立場さえ保障されれば、それでいいんだ。

村人は、社会が黒人を受け入れる体制が整っていないという理由で、
また自由競争の荒波から逃れるために、
自ら進んで奴隷制度の中に身を置き、与えられた仕事と役割を担いながら生きている。
そこでは個人の自由は保障されていない。
好きな時に飯を食べることも出来なければ、好きな時に映画を観たり、散歩をしたりすることも出来ない。
しかし、衣食住は権力者によって保障され、自分にとって何が必要だとか、いかに生きるべきかについてあれこれ思い悩むことはない。
ただ、権力者の指示によって動いていればそれでいいからだ。

自由という鎖のジレンマは、人間に退廃と空虚感を発生させる。




スポンサーサイト
  1. 2006/03/17(金) 00:45:27|
  2. 映画(劇場にて)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:6
<<発露 | ホーム | 『秘密のかけら』>>

コメント

not subject

はじめまして
映画の感想を読ませていただきました
「人間同士の愛情」 ・・・  そういえば なかったですね
人の愚かしさを 見せられる物語でもあったと思います
TBさせていただきました
  1. 2006/03/17(金) 19:28:35 |
  2. URL |
  3. 華やぐ時間 #-
  4. [ 編集]

TBありがとうございました!

こんにちは!
>人間の心の機微を描く部分は一切登場せず
この映画の面白さのひとつは、まさにここにあると思いました。
人間がまるで将棋の駒のような扱いで、線を引いただけの盤面の上で操られているような。
この味、何か嫌いになれないです。
  1. 2006/03/18(土) 21:59:34 |
  2. URL |
  3. Ken #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです。
ついに観てきました。アメリカの人種差別問題についてはもちろんですが、とにかく管理された中で生きていくことがどんなに楽かってことばかり頭に残ってしまいました。
冒頭のシーンで、住人が「これから先のことが不安だ。私達には準備ができていない。」みたいなことをいいますが、結局そこか・・・みたいな。
日本の、小・中学生を思い出しちゃって。自分が、同じ制服着て、ジャージしか着ちゃいけなくて、持っていっちゃいけないものがたくさんあって・・・という世界から高校生になって、連絡帳もない、持って行くものも決められてない、みたいな生活に急にポーンと放り出された時の不安感を冒頭で思い出してしまってそれが頭から離れず(笑)
いや、日本の教育体制はよくないな←話ずれてますね。
なんか、感じたことはたくさんあるけど、言葉にすると変になって嫌になっちゃいました。頭の中まだぐちゃぐちゃだし。伝わらずすみません。
でも、それにしても、エンドロールの写真達はちょっと我慢できなくなりそうでした。
もう嫌だった。
映画ぜんたいとしては、前回のドッグヴィルよりは好きです。
  1. 2006/03/31(金) 23:51:26 |
  2. URL |
  3. ベア #-
  4. [ 編集]

>華やぐ時間さん

ドッグヴィル同様、人のあまり見たくはない部分を描いた作品であったようにも思えます。
お返事ありがとうございました!
  1. 2006/04/01(土) 23:59:49 |
  2. URL |
  3. 人非人 #-
  4. [ 編集]

>kenさん

お返事ありがとうございます!
>人間がまるで将棋の駒のような扱いで、線を引いただけの盤面の上で操られている
人間をグループ分けしているあたりも、人を人として扱っていないという印象を受けました。
これは自由と管理について考えさせられる映画であると思います。
  1. 2006/04/02(日) 00:05:53 |
  2. URL |
  3. 人非人 #-
  4. [ 編集]

>ベアさん

どうも!
自分もこの映画は人種差別を扱っているように見えますが、どうもそれは後付けのようにしか思えてならないです。
>連絡帳もない、持って行くものも決められてない、みたいな生活に急にポーンと放り出された時の不安感
うーん、それすごくよく分かります。
自分は独り暮らしし始めたときはいいんですけど、それが長続きすると、だんだん自己管理できなくなりましたね。もうとにかく台所は洗わなくなります。そして洗剤は柔軟剤であるソフランCを使っていたという失態!母親に突っ込まれて初めてそのミスに気がついた次第です。
まあだから、しっかり自己管理して生活していこうという反省も含め、思わせてくれた映画でもありますね、これは。
>エンドロールの写真
バックの明るいポップな曲が、見事に写真の中身とマッチしていなくて、監督のいやらしさというか、そんなのを感じましたね。うーん、あれはえぐかった…
前作同様、主人公が悲惨な境遇に陥っていって、ああやっぱり監督はSっ気満載な人なんだなあと改めて思わされる映画でした(笑
  1. 2006/04/02(日) 00:30:59 |
  2. URL |
  3. 人非人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tougen.blog8.fc2.com/tb.php/211-daf7114d

マンダレイ

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 自由という名の不自由が生む皮肉と悲劇
  1. 2006/03/19(日) 16:58:26 |
  2. カリスマ映画論

人非人

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

天気予報

お気に入りバナー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。