逃源郷

世界は闇なのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

発露

この前の短期バイトをして、やっぱり社会人になんかなりたくないって思った。あのサラリーマンの雰囲気というか何というか。他人への配慮に欠けた態度とか身の振舞い方とか。本当に自分のことしか考えていないんだなって思った。自分の欲を叶えることしか考えていないというか。仕事をしてて、何が現場にとって善いことかっていうのは、必ず頭で考えれば分かることだと思う。ただ、上の言われたとおりに動くのは間違っているし、言われたことが間違っているなって思って、それを上に言いにくい現場もぜったいにおかしい。お客にとって、バイト人がどういう動きをしてくれたら良い気持ちになるのかを、しっかり考えなくてはならないんだなと思った。あの最初の仕事は、客の空いている席を覚えておいて、遅れた客にそこを案内するという。
すごく、倫理とか規律というのが失われているんだな、とも思う。”立ち入り禁止”という看板一つにしても、そこが立ち入り禁止になるには必ず理由があるわけで、それを自分が通りたいからという身勝手で超個人主義な自由をはきちがえた理由で通ろうとするのは絶対に間違っている。経緯や場を見て考えれば分かるはずなのに、自分の欲が先に生じて、倫理を無視する。美容室で『サラリーマン金太郎』を読んでいて、10年位前はすごく保守的な既存の倫理、例えば礼儀とかあいさつとか、目上の人間を敬うだとか、そういったものをぶっ壊すとまでは言わないけれど、くそくらえ的な風潮はあったと思うし、実際自分もそういった倫理観の喪失した環境で育ってきたのは間違いないと思う。いじめが起こるのも、人の痛みが分からないという人倫の喪失から起こるものだし、先生に対するいじめとか、学校にゲームや漫画を持ってくるとか。まして”なぜ人を殺してはいけないのか”なんて愚問のなかの愚問の愚問に過ぎない。倫理の消失した中で育ってしまったから、いざ大人になって自立しようとしたときに、その基盤がないから右往左往してしまう。お年寄りとか子供への対応だとか、困っている人を助けるとか。倫理があってこその、人間の自由で主体的な行動が成り立つはずなのに、その基盤がぐらぐら揺らいでいるから、人足りえていない。それが、コミュニケーション不全を引き起こす原因の一つなのかもしれない。
話しはずれたが、大人の中にもそういった倫理観の消失した人がたくさんいるから困る。特にイベントでのお客に多い。それを年下の人間が真似るから、負に負が生じて負の連鎖が起こってしまう。
スーツ姿で街を歩いていると、大多数の中にすがりついているようでとても嫌だった。自分の道は自分で探さなければいけないのに、どこか近道をして楽をしているようで嫌だった。能力も人格もなっていないのに、スーツ姿は人を立派な姿に見せるし、きっと周りもそう思うのだろう。大船に乗った気分でいるのは、きっと楽なことだとは思うのだけれど、どこか居心地が悪い。

haturo.jpg


スポンサーサイト
  1. 2006/03/28(火) 02:32:52|
  2. 戯言(たわごと)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<『アメリカ、家族のいる風景』 | ホーム | 『マンダレイ』>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tougen.blog8.fc2.com/tb.php/212-221b3006

人非人

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

天気予報

お気に入りバナー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。