逃源郷

世界は闇なのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『ラスト・デイズ』?周縁でいることの不確かさ

グランジを代表するロックバンド、ニルヴァーナのカート・コバーン。彼が自殺に至るまでの最後の2日間に思いを馳せて作られた、詩的で美しい映像作品。監督は『ジェリー』、『エレファント』のガス・ヴァン・サント。

前作の『ジェリー』、『エレファント』同様、映画は状況的な説明を一切省いている。人物の行動を淡々と追ったドキュメントタッチの映画だ。しかも今回は『エレファント』とは違い、カート・コバーン一人の行動にのみ焦点が当てられているので、正直映画は退屈冗長な部分が多かった。

まず、主人公を取り巻く連中の、主人公との関係性が今いち掴みづらい。主人公が住む家には、数人の若者が出入りしているのだが、それも何故そうしているのかが分からない。主人公が常に孤独と絶望感に駆られているのは容易に判断できる。しかし、周りとの関係性が掴みきれなかった分、主人公が何故自殺をしたのか、それが最後まで分からなく、うまく伝わらなかったのが残念だった。

ただ、一つ凄いのが、主人公の絶望感のその表現の仕方。主人公は薄汚れたシャツを着て、ぶつぶつ独り言を言いながらいかにも病的な歩き方をしている。カメラは、薄暗い森の中を歩くそんな主人公の後姿をただひたすら追う。もうそれだけで、主人公がいかに荒んでいて、絶望に身を寄せているのかが伝わってくるのだ。それと、誰もいなくなった部屋で、一人「Deth to Birth」と熱唱する姿には、鬼気迫るものがあった。


<周縁でいることの不確かさ>
以下、カート・コバーンの伝記「UNDERBRIDGE」内の、「カートの自殺について」より抜粋。

カート・コバーンは……彼は権威というもの、保守的な大人、企業、産業的なものに対して喧嘩を売りその信条は売れてからも変わることのなかった。しかし………売れるに従いメインストリームへと押し上げられてしまった、若者の代弁者となってしまった…………自分の歌がヒットするにつれ……社会の大きなうねり、流れに飲み込まれつつあるという現状、自分たちがロック産業の一味いや中心的存在になってしまっているという現状と今までの自分がもっていたポリシーとの矛盾が生じ始めてきた。敵視してきたものの中に自分が入ってしまってるということ、ロック産業、企業に染まるまいと頑なに自分を貫き、妥協を拒んで生きてきたために、信念と、ロック産業で食べていかなくてはいけないという現実に折り合いをつけることができず心の中でうまく処理できなくなり、自己不信、アイデンティティの崩壊、そしてあらゆるものに情熱を感じなくなってしまった のではなかろうか。


カート・コバーンは、中心でいること、すなわち大多数の中に自分が混じってしまったという自己矛盾から、自殺の道を択んでしまったようだ。
周縁でいること。周縁でいることは、自己のアイデンティティの拠り所につながることかもしれない。自分が他とは違う性質を持っていることで、自己の安定をはかることが出来る。ただ、人とは違うことで、コミュニケーションの断絶も生じてしまう。そこで感じる違和感と疎外感は、苦しみ以外のなにものでもない。
このアンビバレンスといかに付き合っていくか。周縁でいることの不確かさは、まさにここにあると思う。周縁にいることで自己の安定ははかれるが、他者と折り合えないことで感じる疎外感、中心に行こうとすれば行くほど沸き起こる自己矛盾と違和感は、切っても切り離せない。

共通感覚を身に付けて、少しでも周りと同じ土俵に立たなくてはならない。中心と周縁のすべてを平等に貫いているはずの、線のようなもの。誰しもが持っているはずの共通感覚、人倫、規律。これに少しでも追いついていかなくてはならないし、これを身に付けなくてはならない。
自分だけが違うという意識は、いずれ自分の首も苦しめてしまう。自分の異質性を認めた上で、他人との同質性も認めなければならない。


20060407055715.jpg


スポンサーサイト
  1. 2006/04/07(金) 05:54:40|
  2. 映画(劇場にて)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:5
<<MOGWAI『Mr.Beast』 | ホーム | 現実を変えられないのなら、それを耐えるしかない、というのはいささか希望のない言葉だ>>

コメント

TBありがとうございます

こんばんは。
映画単体としては正直あまり評価できない出来であるように思いますが、「生と死」を見渡す三部作の最終章として考えるとテーマとしてはこの作品が一番解り易いアプローチだった気もします。
結局ガス・ヴァン・サントがやりたいことをやるが為のモチーフとしてカートの最期の2日間を選んだということなんでしょうね。
予想通りに期待が外れたという映画でしたw
此方からもTBさせて頂きます、また宜しくどうぞw
  1. 2006/04/08(土) 02:10:09 |
  2. URL |
  3. lin #XHLKTYlo
  4. [ 編集]

TBありがとうございました。

はじめまして!
う~ん、3部作を観ないと、この映画の良さもわからないのか...って、その為にカートの死が選ばれたなんてなんだかなぁ。
誰かちゃんとしたモノ作ってくれぇ!
  1. 2006/04/08(土) 23:34:50 |
  2. URL |
  3. ロンちゃん&のんちゃん #gpsXCPGo
  4. [ 編集]

>linさん
確かに観客の目を気にせずに、やりたいことをとことん追求して創っているなという印象は受けました。
大衆に迎合しようとしない監督のそのスタイルは、このまま貫いてほしいと思いますね。
お返事、ありがとうございました!
>ロンちゃん&のんちゃんさん
カート・コバーンファンにとっては、この映画はいまいち外された感があることは否めないと思います。
ちなみに3部作の中では、やはりエレファントが一番秀逸であると感じています。
お返事、ありがとうございました!
  1. 2006/04/28(金) 16:16:19 |
  2. URL |
  3. 人非人 #-
  4. [ 編集]

TBサンクスです!

三十路さんのところにもいらしてる方ですか?はじめまして!
この映画自体は正直どーでもよかったんですが、カ-トの気持ちに思いを馳せてしまいました。
  1. 2006/04/29(土) 08:26:53 |
  2. URL |
  3. チュチュ姫 #-
  4. [ 編集]

>チュチュ姫さん
そのページには、TBでお邪魔させていただきました。
自分はカートの姿よりもむしろ、やはり監督の映像美に目をこらしてみていました。
お返事、ありがとうございました!
  1. 2006/04/30(日) 01:14:44 |
  2. URL |
  3. 人非人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tougen.blog8.fc2.com/tb.php/216-8dccce92

ラストデイズを観たよ!

90年代グランジロックの雄、ニルヴァーナのカート・コバーン追悼映画「ラストデイ
  1. 2006/04/08(土) 23:36:11 |
  2. ロンちゃん&のんちゃん犬日記。

人非人

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

天気予報

お気に入りバナー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。