逃源郷

世界は闇なのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

理由は、単純明快だ

ひどく途方に暮れて、自分を保つのが苦しくなる時間が多くなってきている。

前は、独りで買い物をしたり、映画を観たり、音楽を試聴したりすることに、何の違和感も抱かずにむしろそうすることを楽しんでさえいた。
しかし、今は。
そうしていると、なぜだかとても自分を保てなくなってしまう。
苦しくなって、何やら分からぬプレッシャーのようなものが重く心にのしかかって来るのだ。
それはきっとおそらく。
自分の行為が自己完結にのみ終わってしまっているからだ。
苦しくなるのはたぶん、この自己という肉体と能力を持った固体を、
自分以外の世界に対して働きかけることをせず、活かしていないからなのだ。
自転車旅行をしに行った時もそうだった。
すべては自分だけのために行われた行為であって、そうすることの意義というのを見つけることができず、気持ちが善い方向に向かっていかないのだ。
趣味や自己完結にのっとった行為というのは、そういう自分以外の世界に対してこの身を働きかけたあとにやってくる一種の休息のようなもので、それに付随するものなのかもしれない。

バイトはしていて、正直楽しい。
自分が今いかに楽しむかではなくて、この場や状況をいかにして善い方向へ持っていくかを頭で考えて、それを実践している過程にあるこの固体は、
とうてい重苦しい何やら分からぬ抑圧からは解放されている。

しかし。

自分はどこかで、”責任”というものから逃れようとしている。
のめりこめばのめりこむほど、そこには競争というものが生まれ、一番だとか、二番だとか、十番だとか、蔑みだとか、
そういう優劣の嫌な感情が沸き起こる。
絶対的に精神的苦痛をともなった敗者という者が、必ず生み出されてしまうのだ。



高校1年生のとき、とても仲の良かった秋田のおばあちゃんが癌で亡くなった。
小さいころからよく面倒をみてもらっていて、自分もおばあちゃんを尊敬していたし、お盆や正月におばあちゃんに会いに行くのがいつもいつも楽しみで仕方がなかった。
でも。
自分は葬式で、葬式でおばあちゃんの遺骨を処理するとき、泣けなかった。
いや、泣かなかった。

自分のことで、精一杯だった。
自分が誰だとか、自分の身のことで精一杯で、心では分かっていても、泣くことができなかった。
自分さえ良ければ、それで良かった。
今の自分のその精神状態が安定して、そうして次の日にはお笑いビデオを観て何もなかったように楽しく笑っていられればそれで良かった。

今でも、おばあちゃんは夢に出てくる。
なぜ出てくるのかはわからないけれど、よく出てくる。

お見舞いに行ったとき、なんでもっと人間らしい優しい言葉をかけてあげることができなかったのだろう。

自分の身が一番大切なこの罪人は、どうしていまだに息を吸い続けているのだろう。
死にたいとか消えたいとか、その前にどうしてこの劣悪非道な罪人は、生かさせてもらっているのだろう。


独りきりで生きるのには、それなりのリスクがあるし、
そこに何かしらの意義を見出さない限り、この固体はただ息を吸ってうごいているだけで、何の意味もない。
しかし。
自分以外の世界と関わって生きるにしても、そこには何かしらの抑圧が生じてくる。


人を殺すか殺さないかの境界線は、いったいどこにあるのだろう。

今日は一睡もしていないせいか、あるいは永山則夫の本を読んでいたせいか、こういう考えばかりが頭に浮かんでくる。


仕組みは、意外と単純で、要は今を生き切っていないだけなのかもしれない。
問題は、理由は、単純明快だ。


tougen22.jpg


スポンサーサイト
  1. 2006/05/05(金) 16:01:37|
  2. 戯言(たわごと)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<数1000倍の欠如 | ホーム | 最大の敵は、自分>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tougen.blog8.fc2.com/tb.php/222-68227fb2

人非人

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

天気予報

お気に入りバナー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。