逃源郷

世界は闇なのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

掴みかけた言葉がどこかへ消えた

人との関係性を構築することほど、面倒くさいことはない。

なんというか、そうすることで、相手に対して意識的に働きかけるのがとても面倒くさい。
今まで大学3年間は、自然と人が集まる場所にずっといたので、自分から意識的に働きかける必要はなかったのだが、
この4月からは、そういった自分が定住する場所というものがなくなってしまったので、
新しい関係性を築くにも、またそれまでの関係性を継続させるにも、自分から意図的に働きかけないといけないというのが、とても面倒くさい。
あまり人といるのは好きではないし、独りでいるのが大好きだから、
そうした自分にとって苦手とすることを実行する時に、
自分の中でひとふんばりするというか、ハードルをぐいっと上げて意識的に頑張ろうとしなければならないのが、とても億劫で仕様がない。

今週一週間を振り返ってみると、かなり気が緩んでいたように思う。
そうなると、朝起きるのも億劫になるし、現実に出て行かないでこのままずっと布団の中で寝ていようという気が起こってしまう。
でも、そうしていると、約束事を取り付けていた相手からはメールが来るし、放っておいた現実が後ろからどんどん迫ってくる。

頭で計算して、感情で動いていないような自分がとても嫌になる。
人に会おうという気持ちは、会いたいという気持ちから発生するものではなく、自分の中での生きるモチベーションを上げるためのひとつの契機に過ぎない。
あの人に今会いに行きたいから会いに行く、というものは一切なく、
今この時点で会っていれば、今後の関係性を続けるためにも善い方向付けとなるであろう、と計算して頭で動いている自分がとても嫌だ。

結局のところ、こうした考えを持っているから人を好きになることができないのであろう。

もし、自分の意思とは無関係に、自分のこの身体が動かなくなってしまったら、一体だれが自分の面倒を見るのだろう。
家族には、看病してくれるくらいの恩情を自分が与えていないので、
とても申し訳なくてお願いすることなんかできない。
お金という契約で成り立った、ヘルパーでも雇うしかないのであろうか。

人を好きになるのにも、意識的な不断の努力が必要なのだろうか。
そういうのいらないのに、何故頑張らなくてはならないのだろうか。
将来の自分の身の保護のため、という目的的な理由で、
それをモチベーションとして人を好きになることなんて出来るのだろうか。

掴みかけた言葉が、今頭の中のどこかへ消えた。
世界を言葉ではなく、
身体全体で、感覚として感じたい。


kieta.jpg


スポンサーサイト
  1. 2006/07/15(土) 04:14:11|
  2. 戯言(たわごと)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<幸せになる権利 | ホーム | 悲観してはいけない>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tougen.blog8.fc2.com/tb.php/229-d91900b2

人非人

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

天気予報

お気に入りバナー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。