逃源郷

世界は闇なのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

橋の上の娘

 素晴らしい!「ワンダフルライフ」に続くヒット!とにかく脚本が良くできていると思う。人間同士の結びつき、特に男女の接近の仕方を、体の触れ合い以外で描いているところがすごい!これは「ロストイントランスレーション」も同じ、いやむしろ設定は似ている。中年オッサンと若い娘との恋とも友情ともつかぬ物語。いや「ロストイン?」より数倍上だろう。
 目的のためにお互いを必要とする関係。最後にはいたたまれない幸福感と、二人に拍手を送りたくなる。一緒にいることを続ける、ただそれだけでいいみたい。人間の神秘を感じさせる、そんな映画。特に主人公の娘のキャラがいい。いい男と会ったら即ヤル。でも実はダニエル・オーティユを必要とするところなんか、鳥肌モンなわけで。そこらへんの設定作りが上手いなと思った。ダニエル・オーティユもいいキャラしてる。クールで強くたくましそうに見えるけど、実は寂しがり屋で誰よりもパートナーを求めてる。もろいんだな、人間って。
 そんなこんなで、娯楽性もあり楽しませてくれる。ギャンブルやナイフ投げの緊張感溢れるシーンなど。小細工も最大限利用された(ジッポや腕時計)、近年まれに見る至上の人間ドラマなのではないでしょうか。正直、まいるね。ヨーロピアンの発想には。よくもまあ、あんな発想思いつくこと。うますぎる!


20050514002953.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/05/14(土) 00:30:08|
  2. 映画(自宅にて)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

人非人

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

天気予報

お気に入りバナー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。