逃源郷

世界は闇なのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ただの、固体

今日は、JR西日本福知山線の脱線事故からちょうど1ヶ月経つそうだ。その事故のニュースは、ちょうど1ヶ月前の夕方頃、サークルの新歓コンパを行っていた飯屋のテレビで目の当たりにした。
そして今日の朝のとくだねでは、事故現場を目撃した、近くの工場で働いていた人のインタビューが流れていた。

今だに、自責の念にかられているという。
何故自分はあの時、事故にあった人たちを救うことができなかったのか。
”がんばれ”くらいの声をかけることしかできなかった。

無力さを痛感した。

口に出して言うのは、簡単だ。
所詮、机上の空論。

自分がもし、その現場にいたら、何ができただろうか。
いや、きっと何もできない。
いや、何もしない。

ただの、固体。


今日は、というか最近はいよいよ夜型の生活から朝型の生活に切り替わっている時期で、1日中、死ぬほど眠い。もう本当に。普段起きていなかった朝から昼にかけて起きていると、体全体が眠くなってしまう。そして、この暖かな陽気。今日の3コマ目の授業は、授業中であるにもかかわらず、暖かくてそして全身の眠気からついマジ寝してしまった。すごく気持ちがよかった。
あー、頭が痛い。真夜中も、よく寝付けない。早く、人間復帰しよう。もう、夏だしね。


jiko.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/05/26(木) 00:10:46|
  2. 今日の跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<偽善者の綺麗言 | ホーム | エレニの旅>>

コメント

日常は最高の復讐である。

「あの痛ましい現場の上で私たちが何事もなかったかのように笑って暮らせると思いますか?」
あの脱線事故でマンション住民はこう話していた。事故の直後、一本の電話があった。
同級生が亡くなった。
死因は自殺。
自分は死者に対して何ができるか。何もできない。逆にあのマンションの住民みたいに、何をするのも亡くなった人に対して不謹慎と思ってしまう。
好きな人に会うのも、笑うのも、幸せになることを全て禁じてしまう。
でも、それは悪の手に屈したとは言えないだろうか?
人を殺し、恐怖に陥れ、不幸を招くのが悪である。
こうは考えられないだろうか?
こんな時こそ、世界が不幸と死と矛盾で覆われそうなこんな時代こそ、あえて調子っ外れの口笛を吹き、日々を楽しむ。悪に屈することなしに幸せになる。それこそまさに、死者に対する最高のたむけなんじゃないかな。
  1. 2005/05/26(木) 23:05:21 |
  2. URL |
  3. 夕菅 #-
  4. [ 編集]

>夕管さん

この書き込みずっときになってたんですが、返信しようかどうか迷っていました。なるほど、正体はスーパークールな先輩でしたか。
てか、その自殺の話ってほんとなんですか?
  1. 2005/06/06(月) 10:01:48 |
  2. URL |
  3. 人非人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tougen.blog8.fc2.com/tb.php/42-468ca4c0

人非人

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

天気予報

お気に入りバナー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。