逃源郷

世界は闇なのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

想いの電波、再び。

最近、自分の思考形態が明らかに左寄りに傾きすぎていると思う。世の中や社会に対する非難ばかりが浮かんできて、いわゆるマイナス思考に陥っている。もっと社会や人間に対して、良い面を探していくべきだと思うんだが…。
 そんなわけで、今「マルクスだったらこう考える」(的場昭弘著、光文社)を読んでいる。興味のある分野でかつ分かりやすく平らな文章なので、大変読みやすい。タイトルから察する限り、「共産主義万歳!」とか「労働者よ団結せよ!」といった極左的なことをイメージしそうだが、全くそんなことはない。作者はマルクスの考えを現代に照らし合わせ、中立的な立場から世の中の仕組みを批判し、より良い社会にするにはどうすべきかを訴えている。
 一つ衝撃的だったのが、ミシェル・フーコーの文献の引用を借りた権力による統治論についてだ。作者は「支配者がコストを低く抑えて統治するためには、厳しい監視による統治法よりも自己責任による統治法を見出すべきだ」と述べている。厳しい監視による統治すなわち恐怖政治には、権力を民衆に見せつけるための人件費や軍事費などの費用が多くかかってしまう。しかし、労働し自己の欲を追求しようとする”自己規律化された人間”を創出していけば、政治コストを削減できるというのだ。これは、国家の都合のいいように市民が規律化され、教育されているとも言えるのでがないか。これは大変おぞましいことである。今自分達が自由であると思い込んでいる生活や社会は、実は権力者によって都合のいいように作られた虚構のようなものなのかもしれない。幾分古い主張かもしれないが、やはり当たり前の既存の事実には、疑いを持ってかかるべきだろう。
 かねてから抑圧されている弱者やマイノリティを救うためにはどうしたらよいかを考えることがある。抑圧者=弱者で、支配者=強者という二項対立の枠組みがある。しかし強者を無視した弱者の人権のみを救う考え方は、実は誤っているのではないだろうか。作者は、「弱者にも支配者になる可能性は存在する」と述べている。つまり抑圧された弱者にばかり目を向けていれば、今度は支配者側の人権が侵されかねないというのだ。排除された弱者の苦しみはもちろんのことだ。しかし、人間は皆生きている限り何らかの苦しみを抱く存在であると思う。それは、富者やエリート官僚とて同じことではないのか。人間の苦しみには大小の差などなく、みな同じであると思うから…。”弱者を救う”のではなく”弱者と共に”と言うべきかも知れない。
 そこで作者は、「クィア理論」や、「マルチチュード」という言葉を引用して、「排他性のない多様な社会を構築すべきだ」と主張している。性や民族、職業に属する世の中の様々な人間は、それぞれが人権を持っていて、かつお互いを認め合っている水平的な共生社会システム。そこは、支配者/被支配者、権力者/抑圧者と言う構図は存在せず、真に平等ないや個人がそれぞれの発言権を持つ調和の取れた多様な社会と言えるだろう。
 また財産の面では、「私的所有の持つ排他性を失くすべき」と主張している。つまり富裕者が所有を独占せずに、それを貧者に対して分け与えようとする意識を持つ。つまり、”幸せのおすそわけ”だ。7/11付けの朝日新聞の夕刊で、路上生活を経験したことのある37歳の男性が、日雇い作業用の会社の空き部屋をフリーターや家賃の払えない若者に安く提供する事業を起こしたと言う。宿の名は「レストボックス」といい、東京を中心に15箇所にも広がっていると言う。住む場所の無い者に、それを与える。これこそまさに、”幸せのおすそわけ”とまではいかないが、苦しみの分かち合い、弱者に目を向けた活動であると言えるのではないか。
 こういったことを考えると、社会や世の中に対して一体自分はどんなことが出来るのだろうと思う。労働運動や大規模なデモやストライキを行えば、社会の仕組みが一変するものだとも思えない。別にそういった運動を否定している訳ではないが、いわゆる革命というものはもう起こりえないのだ。世の中は資本家/労働者といった二項対立で割り切れるような単純な仕組みでは、もうない。
 そうすると、個々人や地域が小さいながらも活動をしていくしかないのかもしれない。7月30日に、東京有明コロシアムで大規模な憲法改憲に反対する。「九条の会」の講演会が行われるが、それで果たして九条の改憲を免れるともかというとそうは思わない。しかしそういった活動が、人々の心の中に平和への意識を芽生えさせ、浸透させていくことは出来ると思う。人間の存在は、網の目のように繋がり合っている。一個人から別の他者へ、そしてまた別の他者へ浸透していく個人の意識と意思。

それを信じるしかないのだろうか。


伝われ、この想い!
伝われ、生きる固体から発する電波!
伝われ、そして動いていけ!



今の自分に出来ることは、これだけです。 


denpa.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/07/13(水) 03:06:23|
  2. 本について|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<光の街 | ホーム | 埋もれ木>>

コメント

う~む、いいですね。また是非遊びにこさせてください。
  1. 2005/07/13(水) 06:16:37 |
  2. URL |
  3. 愛美 #-
  4. [ 編集]

>愛美さん

ありがとうございます。
どうぞ、またいらして下さい。
お待ちしていますので。
  1. 2005/07/14(木) 01:09:01 |
  2. URL |
  3. 人非人 #-
  4. [ 編集]

σ(゚∀゚ オレなら
ぶちキレしますなっ!
いやもう気が短いので・・・
  1. 2005/07/14(木) 03:02:42 |
  2. URL |
  3. いさ #-
  4. [ 編集]

>いささん

何に対してキレるのですか?
自分は気が短いなって思った時、牛乳を飲みます。
  1. 2005/07/16(土) 00:39:32 |
  2. URL |
  3. 人非人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tougen.blog8.fc2.com/tb.php/81-3fda5e3c

人非人

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

天気予報

お気に入りバナー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。