逃源郷

世界は闇なのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『創』…(意味)物事をはじめる。はじめてつくる。(熟語)創始、創作、創意など。[岩波国語辞典第6版より]

この前、夜のTVのニュースで「15歳の中学生とアフリカルワンダに住む元少年兵との交流」に関する特集をやっていた。これは、私立の中高一貫校の教師による企画で、この教師はルワンダでの生活支援を行うNGOにも参加していて、現地の子供たちと遠く離れた日本の中学生との交流を図って発案されたらしい。15歳の中学生たちは、日本を紹介するためにビデオカメラを持って東京の街に繰り出し、ビルや駅、または流行のおしゃれ雑誌などを映し出す。そして完成した映像をルワンダにいる子供たちに見せて、異文化交流をする。
また、このルワンダは武装ゲリラによって幼い少年や少女が拉致されて、兵士として駆り出されるという紛争が多発している地域らしい。そんな同じ年齢の子供たちが、銃を持って紛争に参加している事実に対して、自分たちに一体何が出来るだろうか。ルワンダの親元のいない子供たちは、そのメッセージビデオを食い入るように見ていた。

ビデオを作製した15歳の少年は「これからも色んなことを真剣に考えて、それを行動に移していきたい」と、インタビューで答えていた。


今日、千葉駅前を自転車で通ったら、ある団体が憲法9条護憲を訴える街頭演説をやっていた。ただ、黙々とビラを人々に配る団体の方。一体誰に訴えているか分からない、ただ声高に平和を訴える団体の方。正直、ビラをもらう気になれなかった。こういう光景を、よく街で見かける。これは”運動”であって、地に足をつけた”活動”ではないと、思った。


sou.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/07/21(木) 23:23:19|
  2. 政治・社会・思索(考)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<「埋もれ木」、再び。 | ホーム | ヴェラ・ドレイク>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tougen.blog8.fc2.com/tb.php/87-f94d144a

人非人

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

天気予報

お気に入りバナー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。